中国工場・佐古日記 11

 4月とは言え、まだまだ寒い常州です(弊社総経理はとっくに半袖ですが)。今回は新生活の話。
 4月ということで、日本では桜の咲くうららかな春の日、期待と不安が入り混じる気持ちの中、新しい生活が、といった方も多いのでしょうが、こちら中国ではそんな雰囲気は皆無。ソメイヨシノは咲いてないし、空はPM2.5でどんよりとしてるし、って言うわけではなく、そもそも中国の新年度はアメリカ等と同じ9月。4月は1年の折り返し地点なわけで、新生活と真逆の時期なんです。

 「新生活」と聞いて思い出すのは家電量販店なんかがやってる新生活応援セール。テレビでは家電量販店の「新生活応援セール!!」みたいなCMが流れているんだろうなぁ、雰囲気だけでも味わえるかな、と中国最大手の家電量販店、蘇寧電器(キャナルシティにある免税店ラオックスの親会社)に寄ってみたら、セールっぽいものはやってるものの、当然新生活応援セール的なのはやっておらず。
 前回も書きましたが、家を借りると基本的な家電は付いていることが多く、大学生だと寮に入ることが多いので、日本みたいにテレビだ冷蔵庫だ洗濯機だ電子レンジだ、全部ひっくるめた新生活応援セットだ、みたいな騒ぎにはなりません。それでも電気ケトルや炊飯器などの「小家電」と呼ばれる家電は必要になるのでセールをやってるみたいですが、この手の家電はネットショップが強いので家電量販店と客の取り合いのよう。

なんのためのセールかわかりませんが、唯一わかるのはどこの国でも家電量販店っていうのは年がら年中セールをやってる、ということです。
なんのためのセールかわかりませんが、唯一わかるのはどこの国でも家電量販店っていうのは年がら年中セールをやってる、ということです。
余談としては日系で頑張ってるのはP社くらい。P社に吸収されたS社もブランドだけは残ってました。
余談としては日系で頑張ってるのはP社くらい。P社に吸収されたS社もブランドだけは残ってました。
人材市場の様子。画面に募集内容が表示され、それを見た人がブースに居る会社の人と話をするというシステム。
人材市場の様子。画面に募集内容が表示され、それを見た人がブースに居る会社の人と話をするというシステム。
永正が入っている工場団地の門に貼られた募集のお知らせ。緑色のが永正。他社とは違いラミネートして風雨に耐えるようにしてあります。
永正が入っている工場団地の門に貼られた募集のお知らせ。緑色のが永正。他社とは違いラミネートして風雨に耐えるようにしてあります。
 4月といえば新入社員が入ってくる時期。ヤスナガにも数名入ると噂は聞いています。中国では当然4月だからって新入社員が入ってくるわけでもなく、人が動くのは春節や国慶節など、長期休暇の後。連休で田舎に戻ったらいい仕事が見つかったから、とか、親から田舎に戻ってと言われたから、などなど理由は様々。そういう意味では春節明けの今は従業員を採用しやすい時期です。中国で社員の採用、永正の場合は「人材市場」での採用がほとんど。「人材市場」だと、人が売り買いされるようなイメージを持つ方もいるかもしれませんがそんなダークなところではなく、日本で言うハローワーク的なところ。人材市場にブースを出して、興味がある人は会社まで面接に来てもらいます。工場を見てもらい、本人の適性などを考慮して採用。最近はインターネットでの募集も一般的。転職情報サイトに情報を載せて、応募者を待ちます。
 他には、会社の前に社員募集を貼るという方法も。仕事の内容、給与、待遇などが書かれた紙や、会社によっては電光掲示板があり、興味があればそのまま会社に入って面接を受ける、という日本じゃあんまり聞かない方法。これで面接にくる事があるので馬鹿にできません。

 日本人駐在員が多い上海なんかだと、この季節は日本本社の人事異動で、歓送迎会が至るところで行われています。日本人学校も卒業式・入学式があり、新生活っぽさがあるようですが、常州ではあんまり感じず。新生活感を9月に感じてるか、と言われたら9月になった途端、朝ラッシュ時間帯に車が増えて渋滞がひどくなって運転疲れる、くらいでしょうか。子どもがいればまた違った感じになるんでしょうけど。というわけで今回はこのへんで。また次回。

(2017/04)
 
中国工場・佐古日記 10

 あけましておめでとうございます、と書くのももう3回目になりました。記念すべき10回目。今回は前に書いたもののフォローアップから。

 6回目に11月11日は「双十一」というネットショッピングの日で2015年は当時のレートで1.7兆円(912億元)の売上があったと書きましたが、2016年は1.9兆円(1,207億元)と、2015年実績を3割以上上回りました。ジャマイカのGDPを超えたとか…。なお、この中の473.5元(約7,500円)は私がユニクロで買ったヒートテックとダウンジャケットです。

前回、中秋節が国慶節に近いと営業カレンダーを作るときに難儀する、と書きましたが、12月に国務院から発表されたカレンダーによると2017年は近づきすぎるどころか、中秋節(10/4)が国慶節(例年10/1~7)に内包され、10/1〜8で休日となりました。別々のほうが良かった、というのが正直なところ。

2017年永正機械のカレンダー(暫定版)。今年は国務院の発表が早かったので年内に完成できました。クリックで拡大。
2017年永正機械のカレンダー(暫定版)。今年は国務院の発表が早かったので年内に完成できました。クリックで拡大。

元中原総経理邸。こんなに広かったのか…という感想が皆様から。
元中原総経理邸。こんなに広かったのか…という感想が皆様から。

 さて、本題に入りますが、今回は家の話。
 現在絶賛引っ越し中です(中国通算4年ぶり7回目)。とは言え、同じマンションの27階から22階に移動するだけ。荷物もそんなに無いし、すぐに終わるだろうと思っていたんですが、これがなんとも終わりません。中国に来て11年、前の引っ越しから4年という歳月で溜まりに溜まった、いわゆるゴミを大放出中。前の引っ越しから開けてないダンボールはそのまま処分しました。
 最近は日本でも家電備え付けの家が増えてきているとは聞きますが、中国では基本的に大家が家電を準備しています。そのため大型家電を移動する必要がないので、業者に頼まずとも自分で引っ越しすることができます。少しでも楽したいので静音台車を購入。夜な夜な27階と22階を往復しています。

 さて、そもそも引っ越しすることになった理由ですが、永正で総務・通訳として働いてくれている郭さんがこの度めでたくマンションを購入し、引っ越ししたため。というのも、同じマンションで4部屋借りていて、27階の私の部屋が一番狭いのに家賃が一番高かったのでそこを引き払うことにし、同じく通訳・営業として働いてくれている范さんが郭さんの部屋に、中原総経理が范さんの部屋に、そして私が中原総経理の部屋に、というこの数ヶ月でみんな引っ越しをするという一大プロジェクト。そのプロジェクトも終盤を迎え、最後の追い込み中、というわけです。

 中国でマンションを購入すると基本的には内装は無く、コンクリート打ちっぱなしの状態で引き渡されるため、自分で業者を手配し内装をする必要があります(郭さんは総額の2割位が内装費用だとか)。そのため、同じマンションでも内装は全く違います。完成間もないマンションに入居すると、他の部屋の内装工事をやってたりして、朝からドリルで穴を開ける音が壁を伝ってゴリゴリ聞こえてきます。これがかなりのストレスに。特に「今日は寝るぞ!」と決めた休みの日なんかは怒りしか湧きません。なので、中国でマンションを借りるときは新しいものよりある程度年数が経っていて、他の部屋の内装工事がほぼ終わってるようなところをおすすめします。が、年数が経ちすぎていると今度はリフォームでゴリゴリとなるので、なかなか難しいところ。



郭さんの新居に飾られているサントリー響。弊社董事長がコンペで獲得した賞品。郭ちゃんお酒全く飲めないのになぜ。
郭さんの新居に飾られているサントリー響。弊社董事長がコンペで獲得した賞品。郭ちゃんお酒全く飲めないのになぜ。
 佐古ちゃんもそろそろ中国で家を買ったら?とよく言われますが、上海は高くて無理ですし、常州でも福岡郊外の新築マンション並の値段がするので、無理して買わなくてもなぁと言うのが正直なところ。住宅ローン金利も日本の数倍ですし。年末ジャンボの1等前後賞でも当たれば考えます。上海じゃ1等前後賞でも厳しいかも。

 国慶節、日本に帰ったときに唐津の寶當神社で買ったオータムジャンボ連番10枚バラ10枚は600円だったのであんまり期待してないですし、当たったとしてもここで発表することは無いですが、上海でマンション買ったとか噂を聞いたら察してください。というわけでまた次回。

(2017/01)
 
第19回FBC上海2016ものづくり商談会に出展しました。

 2016年9月25日、26日、27日の3日間にわたり、FBC上海2016 ものづくり商談会が開催され、常州永正机械有限公司も出展致しました。
 19回目の開催となった今年は「CIAPE2016中国国際自動車部品交易会」との同時開催となり、中国企業はもちろんのこと、韓国や欧米の企業の出展もあり今まで以上に国際色豊かな商談会となりました。また、会場もこれまでの上海世貿商城(上海マート)から国家会展中心(上海)に変更となり、世界最大級の展示場に出展者、来場者ともに驚きの声を上げていました。
 

 会場の外ではドリフト走行のデモンストレーションなども行われ、来場者の目を楽しませていました。
 お忙しいところ、永正のブースにお立ち寄りいただきました皆様にお礼申し上げます。これからも「お客さまにとっての一番」となれるように頑張ってまいります。
(2017/01)
 
中国工場・佐古日記 9

 40℃を超える夏が終わったかと思ったら、一気に気温が下がって朝方は掛け布団なしでは厳しくなってきました。これを書いているのは9月15日。中国は中秋節休暇の初日です。というわけで今回は中国の休日の話。


休日の話ということで、とりあえず中国の法律「全国年節及紀念日放假弁法」に規定された中国の休みを一覧にしました。

1 新年…1/1
1 春節…旧暦1/1〜3(2016年は2/8〜10)
1 清明節…24節気の清明(2016年は4/4)
1 労働節…5/1
1 端午節…端午の節句(旧暦5/5、2016年は6/9)
1 中秋節…中秋当日(旧暦8/15、2016年は9/15)
1 国慶節…10/1〜3

他にも対象が限定される婦女節とか、少数民族の休日とかもあるんですが、ここでは省略。見ていただいて分かる通り、少ないです。
永正の2016年営業カレンダー。本文では国慶節明けは7連勤と書いていますが、他の土曜から休みを持ってきて8、9日とも休みにしました。すみません。クリックで拡大。
永正の2016年営業カレンダー。本文では国慶節明けは7連勤と書いていますが、他の土曜から休みを持ってきて8、9日とも休みにしました。すみません。クリックで拡大。
 日本は年に16日、更に国民の休日という裏ワザが発動した年はもっと増えますが、中国は11日です。また、旧暦を基に決める休日も有り、毎年日付が変わります。で、長くても3連休にしかならないのに「中国の建国記念日にあたる国慶節で観光客が押し寄せています」みたいなニュースが日本で流れるのかというと、毎年12月中旬に国務院から発表される通知で、今年を例にすると

1 元旦…1/1、週末と合わせて連休
2 春節…2/7〜13で連休、6日、14日は振替出勤
3 清明節…4/4、週末と合わせて連休
4 労働節…4/30〜5/2で連休、5/2は振替休日
5 端午節…6/9〜11で連休、12日は振替出勤
6 中秋節…9/15〜17で連休、18日は振替出勤
7 国慶節…10/1〜7で連休、8日、9日は振替出勤

というわけで、太字で強調しましたが土日を振り替えることで無理やり連休を作っています。
連休の作り方。 日本みたいに週の真ん中あたりにポツッと休みがあるのもいいなぁ、なんて思ったり。
連休の作り方。 日本みたいに週の真ん中あたりにポツッと休みがあるのもいいなぁ、なんて思ったり。
 今年の国慶節明けは10/8、9と土日が出勤日になったため10/8〜14の7連勤となり、なかなか辛い事になっています。
で、この国務院からの通知、上でも書きましたが、例年12月の中旬に翌年の分が発表されます。日本だったら手帳やカレンダー商戦も一段落ついてるような時期に発表されるんですが、中国のカレンダーの業者とかどうしてるんでしょうか?だいたいパターンはあるので(火曜日が休日なら前の土曜を振替出勤、月曜を休みにして日曜〜火曜の3連休とか)、いいんですが、水曜日が休みの場合や、中秋節が国慶節に近づきすぎる年は読みづらく、会社の営業カレンダーを作るときに難儀します。

 日本は「山の日」が増えたらしいですが、中国はめったに増えません。そんな中国ですが、2015年は1日増えました。抗日戦争勝利70周年を記念して9/3を「中国人民抗日戦争・世界反ファシズム戦争勝利70周年」として休日とし例によって日曜を振り替えて3連休にしました。その頃はまだ円も安く、爆買い真っ盛りの頃。中国人民は休みの意味など関係なく、こぞって日本に買い物に行ったとか。

 このコラムが世にでるのはおそらく10月の頭、国慶節の休みで日本に中国人が押し寄せている頃でしょうか。
写真が無いとなんとも味気ないので労働節に行った紹興の写真を。季節もよく観光シーズンなので人まみれ。
写真が無いとなんとも味気ないので労働節に行った紹興の写真を。季節もよく観光シーズンなので人まみれ。
 私も嫁さんと一緒に福岡に帰省して、たまの日本を満喫する予定です。折角なので熊本に旅行でも行こうかと思っています。

 日本に帰ってあれ食べたいなぁ、こっちもいいなぁとか妄想しつつ、今回はこのへんで。また次回。

(2016/10)
 
中国工場・佐古日記 8
 そろそろエアコンが手放せなくなってきましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
 今は6月19日の夜、ル・マン24時間レースの中継が終わり(中国ではネットで24時間中継していました)、落胆しながら書いています。トヨタがマツダ以来の総合優勝かと期待してほとんど見ていたんですが… 残り6分で中嶋一貴の「ノーパワー」からのマシンが止まり、ポルシェに抜かれた時は思わず声を上げてしまいました。優勝したポルシェの車体に輝く「DMG M○RI」の文字が恨めしく、トヨタと同じ愛知の会社なのに…トヨタもデンソーじゃなくJTEKTがスポンサーならもしかしたら(車体に小さくJTEKTの文字は有りましたが)などと意味のないことを考えたりしていました。なお、永正の旋盤、マシニングはほとんどオークマです。

 さて、8回目の今回は銀行の話。モータースポーツの話ではありません。工作機械メーカの話でもありません。
 中国の銀行といえば何をイメージされるでしょうか。岡山にある中国銀行のことではなく、中華人民共和国の銀行です。Yahoo! で「中国 銀行」を検索すると、「中国 銀行 破綻」や「中国 銀行 デフォルト」「中国 銀行 危機」みたいなネガティブな候補が出てきます。経済誌に限らず一般紙やTVでもいろいろ噂されていますが、今回はこの手のネガティブなことには触れません。中国でも去年から預金保険制度ができ、50万元(約800万円)までは保護されるらしく、十分保護されるくらいの資産しか無いので直接的にはあんまり困ることはなさそうですし。経済がぐちゃぐちゃになって間接的に困るとは思いますが。

 中国で銀行口座を開設するのはカンタンです。短期滞在の外国人でもパスポートと連絡先の住所(ホテルとかでもいいらしい)、できれば中国の携帯電話番号があれば開設でき、銀聯マーク付きのキャッシュカードもその場で受け取れます。ただ、中国語力、最低でも多少の英語が話せないと厳しいかもしれませんが…あと、窓口の横柄な態度にもイライラしない寛容な心も必要かも。
 日本の銀行で外国人が開設するには在留カードなどの資料が必要になるため、短期滞在の外国人は開設できません。あと印鑑。一部の銀行では印鑑廃止になっていますが、形骸化している印鑑制度はなくならないんでしょうか。嫌いな制度ではないですが。印鑑発祥?の中国では個人の手続きに印鑑が必要なことはなく、ほぼすべてサインです。個人名の入った印鑑を持っている人は殆どいません。うちの嫁さんもたまにしか日本に行きませんが、手続き等で何かと印鑑が必要になることがあったので日本でわざわざ作りました。
交通銀行のATM画面。英語だけでなく日本語、ドイツ語、フランス語などが選べるので便利。
交通銀行のATM画面。英語だけでなく日本語、ドイツ語、フランス語などが選べるので便利。
 話が逸れましたが、中国で銀行口座を開設するのはカンタンなので中国にたまに来る人なんかは、1つ持っていると便利かも。両替したお金を突っ込んでおけば殆どのお店はキャッシュカードがそのまま使えるのでそれで決済できますし、余ったら日本のセブン銀行や家電量販店などでも使えるので再両替の手間もなく、無駄なく使えますし。

 日本でATMの引き出し手数料は、同じ銀行のATMであれば時間や曜日で決まることが多いですが、中国の銀行は同じ銀行のATMであれば基本的に24時間365日手数料がかかりません。基本的にってのは、同じ銀行でも口座を開設した市ではなく、別の市で引き出すと手数料を取られます(異地取款手続費)。日本人としては同じ銀行なのになんで手数料が、とは思いますが、面積が日本の25倍もあればネットワーク維持などで仕方ないのかもしれません。大体0.5%から1%。バカにならない金額です。一部の銀行ではこの手数料を取らないところもありますが、だいたいATMの少ない銀行なので、結局他行手数料が取られます。
このコラムのためだけに常州で上海の建設銀行のカードで300元引き出し。1.5元の手数料を取られました。
このコラムのためだけに常州で上海の建設銀行のカードで300元引き出し。1.5元の手数料を取られました。
ある程度の金額(数十万元くらい?)を口座に入れるとVIPになれて、手数料が取られないらしいですが、僕には関係のない話です。
 ふと中国に銀行はどれくらいあるのかと調べたら、正確な資料は見つけられませんでしたが、日本で言う信用組合的な信用合作社なども含めると3,000社以上あるみたいです(金融庁の資料によると日本は650社くらい)。そのうち大きな中国工商銀行、中国建設銀行、中国銀行、中国農業銀行、交通銀行は五大銀行と呼ばれ、全て国有です。全国各地に支店を持っており、海外進出も盛ん。日本で言うところの都市銀行みたいなものでしょうか。中国の銀行としてはこの五大銀行のみがそれぞれ東京支店を開設しています。
持ってる銀行のキャッシュカード。あと2行で五大銀行コンプ。
持ってる銀行のキャッシュカード。あと2行で五大銀行コンプ。
 永正は岡山からの出資もありますので、岡山の中国銀行(以下中銀)ともお付き合いがあります。中国の中国銀行(Bank of China、以下BOC)と混同をさけるためか、名刺などには「中国銀行」とは書かず、CHUGOKU銀行と表記されています。岡山の大学の先輩が就職して東京に行き、岡山で作った中銀の口座を解約するのに東京支店の場所を調べて行ったらBOCの東京支店で、どうも間違われるのにも慣れているらしく丁寧に中銀東京支店の場所を教えてくれた、という笑い話もあります。当然逆もあるようで、中国人が中国銀行東京支店に来るので、中国語で「ここは本店が岡山の中国銀行で大陸の中国銀行とは別の銀行ですよ」と書いてあるとか。

 つらつらと書いているとル・マンの悔しさも若干晴れてきました。今後、中国で盛り上がってきているモータースポーツの話でも書くかな、などと思いつつ、よくよく考えるとF1上海GPはとっくに終わっているので来年になるかも。工作機械メーカの話はいろいろ角が立ちそうなので書きません。というわけでまた次回。

(2016/07)
 
中国工場・佐古日記 7
 春節のドタバタも終わり、そろそろダウンジャケットとヒートテックが要らなくなる頃かなと思っていたら最低気温はまだまだ1ケタの日が続く常州です。中国工場佐古日記7回目の今回は中国の車の話。
 2015年の中国の自動車販売台数が2459.8万台で7年連続世界1位になり(某社セミナーの受け売り)、景気減速と言われていますがこれからも更に増える見込み…みたいなことは経済誌なりセンテンススプリングなりにお願いするとして、身近な事柄を。
 中国の外資企業には専属の運転手と7人乗りのミニバン(ビュイックGL8がほとんど)ってのが定番ですが、永正にはミニバンどころか運転手もいません。過去には運転手はいたんですが、今は自分たちで運転しています。客先に行くのにも、駅へのお迎えも、毎日の通勤も自分自身で運転。永正には日本人が2人(総経理の中原と私)いますが、ふたりとも運転免許を取得して日常的に運転しています。中国で運転しています、と言うと驚かれたり、心配されたりするんですが(中国に来たことがある人から特に)、慣れ
日系企業のビュイック3台に囲まれる永正のVWトゥーラン(左から3番め)。何となく悲しげ。。
 日系企業のビュイック3台に囲まれる永正のVW
 トゥーラン(左から3番め)。何となく悲しげ。

ればなんともありません。いや、マナーとか運転技術とかでいろいろ言いたいことがありますが。それも含めて慣れないと中国では運転できません。

 中国の運転免許を取得するのは簡単です。日本の免許を持っていたので、日本の免許を中国語に翻訳後、身体検査と筆記試験だけで取得できました。全ての手続を自分でやったので費用は5,000円もしなかったと思います(代行業者でやるとそこそこかかる模様)。筆記試験は事前に公表してある約1,600問の中から100問出題され、90点以上で合格。筆記試験とは名ばかりのコンピュータ上での試験です。問題は日本語?でした。中国語の問題を日本語があんまりうまくない人が直訳したような感じで、問題の中身を理解しようとすると訳がわからなくなるため、理解をせずにほぼ丸暗記。試験を終わるとすぐに点数が表示され、94点で一発合格でした。
 取得したのは2010年。2010年の上海といえば上海万博。市民の機運を高めるためか、上海万博に関する問題が2問出ました。全裸で水色のあいつの名前や、開幕日を答えたような記憶があります。
中国の運転免許証。運転できる種別はアルファベットと数字で表記されていて、C1は日本で言う普通一種、Eは自動二輪。
中国の運転免許証。運転できる種別はアルファベットと数字で表記されていて、C1は日本で言う普通一種、Eは自動二輪。
右下が水色のあいつ。今回一番苦労した写真。当時はどこを見てもこいつばっかりだったのに、この3日間どこを探しても写真さえ撮れないという。仕方ないので、北朝鮮館でもらった切手シートのサンプル。
右下が水色のあいつ。今回一番苦労した写真。当時はどこを見てもこいつばっかりだったのに、この3日間どこを探しても写真さえ撮れないという。仕方ないので、北朝鮮館でもらった切手シートのサンプル。
 中国流のマナーと阿吽の呼吸が必要な中国での運転、呼吸が少しでもズレると事故ります。1日に1回は大なり小なり事故を見るので、呼吸はズレまくりです。何度か事故にあっていますが、この間は信号待ちをしていたら路線バスに追突されました。体はなんともなく、バンパーが凹んだくらいでした。路線バスだから事後対応は心配ないなと思っていたらとんだ思い違いで、バスの運転手がゴネてゴネて大変でした。なんと無保険で修理費用はバスの運転手の自腹とか。事故の前から壊れていたんだろう、とか言うもんだから困ったもんです。最終的には運
朝のラッシュ時に事故って揉めている皆さん。警察が来るまでその場で待つので後ろは大渋滞。
朝のラッシュ時に事故って揉めている皆さん。警察が来るまでその場で待つので後ろは大渋滞。
転手が修理費用を支払いました。なんとなく可哀想な気もします。
 中国で運転していて困るのは、日本に帰った時。日本でも運転はするので、ハンドルも車線もウィンカーも逆。車線変更しようとしてワイパーが出るのは日常茶飯事(実はウィンカーは左側とISOで決まっているんだとか)。左折してどっちの車線に入ったらいいかわからなくなることもしょっちゅう。今のところ、左右の違いが原因で事故ったり切符切られたりはありません。日本ではゴールド免許です。年に1ヶ月も日本にいないので当然といえば当然。

 スタバのテラスで優雅にコーヒーを飲みながら書いているこのコラム、寒くて優雅とか言ってられない状況なのでこの辺で。早く春が来ることを願いつつ、また次回。
(2016/04)
 
中国工場・佐古日記 6
 あけましておめでとうございます。とは言いつつ、書いているのは12月で、しかも以前にも書いたように中国は旧正月がメインで年末感は全く無く、感じているのは最近寒くなってきたなぁ、くらいです。中国工場佐古日記その6、今回はネットショッピングの話。
  先日11月11日は「双十一」というネットショッピングの日。もともとは「光棍節」という独身者の日で、後述のアリババが独身の自分自身にプレゼントをというキャンペーンを張り、中国最大のネットセールの日になったとか。2015年は「天猫(T-Mall)」だけで1.7兆円を売り上げたと日本でもニュースになりました。他のネットモールもセールをやっていたので、この日の売上は全体で2兆円を超えたと言われています。
セール開始後、1分12秒で売上10億元(190億円)を超えたとのニュースのキャプチャ。この処理能力、ラピュタのバルス祭りよりもすごい気が。
セール開始後、1分12秒で売上10億元(190億円)を超えたとのニュースのキャプチャ。この処理能力、ラピュタのバルス祭りよりもすごい気が。
私も10日の23時50分頃からF5連打しつつ参戦しましたが、客寄せパンダ的な超お買い得商品は「秒殺」(中国語で即完売の意)。「本当に安いのか、必要なのか」を考えてしまうと負けらしく、気になったものをガンガンカートに入れて決済、届いてから必要なのかを考える、が正しいやり方らしい。やりませんが。「7日以内なら無条件で返品可能」という法律があるので出来る芸当です。
 さて、中国のネットショップといえば真っ先に名前が上がるのが、上にも出てきたアリババ。
 C2C1 の「淘宝網」とB2C2 の「天猫」の2つが融合した中国最大のネットモール3 で圧倒的なシェアを持っています。ここは大抵のものは有り、食料品や衣類(ユニクロのネット旗艦店も「天猫」に出店)、電化製品はもちろん、航空券、ビザ申請代行、宝くじ、不動産、公有財産の競売、傑作まんじゅう博多通りもんまで売っています。
 ネットショップシェア2位ですが、直販型4 では1位の「京東商城」。直販型なので売上自体はアリババよりも上だとか。こちらは配送も自社でやっていて、スピードも魅力。早ければ上海市内なら当日、常州でも翌日に到着します。
「天猫」とここでは紹介していない「1号店」の箱。天猫の梱包テープには「中身を確認してから受け取ってね」との注意書き。配送中投げる、踏むは当たり前なのでこんな注意書き。
「天猫」とここでは紹介していない「1号店」の箱。天猫の梱包テープには「中身を確認してから受け取ってね」との注意書き。配送中投げる、踏むは当たり前なのでこんな注意書き。
 日系の通販サイトもいくつか進出していました。R社は「楽酷天(発音はルークーティエン)」というサイトを合弁で出していましたが、2年も持たず。Y社もアリババと組んで「淘日本」という日本Y!ショッピングの商品を中国語で購入できるサイトを運営していましたが、こちらも2年持たず。どちらも2010年にスタートして2012年半ばに閉鎖。震災や尖閣問題の影響もあったとは思いますが、なんとも残念。日系大手商社が運営していたサイトは中国人だけではなく、中国に住んでいる日本人もターゲットにしていて、日本語で注文できて値段もそこそこ、100元(約2,000円)以上買えば送料もかからず配送も早ければ翌日。しかも上海ならクロネコヤマトが配送。
日系商社の運営していたサイトの閉店ご案内。「天猫」と「京東」に越境ECショップ出しているので今後はそっちを使ってね、と。
日系商社の運営していたサイトの閉店ご案内。「天猫」と「京東」に越境ECショップ出しているので今後はそっちを使ってね、と。
安心で便利に使っていたんですが、こちらも2015年6月で閉鎖。もうボロボロです。海外勢で頑張っているのがアマゾン。アリババ程ではないにしろ、品数豊富で上海や江蘇省南部であれば、当日配送も可能。99元以上購入で送料も無料となるため、ちょくちょく使っています。
 最近のネットショッピングのトレンドは越境EC。簡単にいえば海外から直接発送する海外通販のこと。前述のR社や日系大手商社もこちらに移行しています。「天猫」や「京東商城」も専用のサイトを開設。中国語で購入でき、支払いは人民元、配送もそこそこ速く、間違いなくホンモノで中国で買うより安いため人気なようです。
「京東」の越境ECサイトの日本館。中国人観光客に売れている物がやっぱり売れているらしい。
「京東」の越境ECサイトの日本館。中国人観光客に売れている物がやっぱり売れているらしい。
アマゾンは、検索結果にアメリカアマゾンの商品も表示する力の入れよう。上海自由貿易試験区5 に拠点を設けて、そこから配送することで1週間程度で届くとか。最近では日本のカメラ量販店が大手家電量販店「国美電器」のネットモールに出店するというニュースも。旅行客だけではなくネット通販でも爆買いが進みそうです。
 ネットショップで当然必要となる支払い。クレジットカードやネットバンキングからも可能ですが、インターネット決済サービスからの支払いが早くて便利です。現在中国ではアリババの「支付宝(Alipay)」とテンセントの「微信支付(WeChat Payment)」の2強(だと思う)。「支付宝」は「淘宝網」での支払いインターネット決済サービスとしてほぼ独占していましたが、テンセントが中国版LINEと言われる「微信」のユーザを増やしたところで「微信支付」を開始し、一気に追い上げるという状況。
「支付宝」の銀行口座振替画面。WEBからだと翌日に入金ですが、スマホアプリからだと10分で入金されます。
「支付宝」の銀行口座振替画面。WEBからだと翌日に入金ですが、スマホアプリからだと10分で入金されます。
どちらも仮想の口座にネット銀行などからチャージして使う、プリペイド型のような使い方。友人などと手数料無料でチャージ金額のやり取りも可能なので、友達とワリカンした時などは代表で払ってあとから「支付宝」で回収する、というようなこともできます。プリペイドカードとは違い、無料で(最近一定金額以上で手数料が発生するようになりましたが)銀行口座に移すこともできるため、現金が必要なときは銀行口座に移して引き出せばOK。さらに「支付宝」では2013年からは「余額宝」というサービスを開始。「支付宝」のチャージ金額を移し替えると使えるこのサービス、出し入れ自由なのに銀行預金を遥かに上回る高金利で、収益は毎日入金。元本は保証されていないとはいえ、ほとんどが銀行預金で運用されていて比較的安全だとか。開始当初は6%以上あった金利も現在は2.5%程に落ち着いていますが、日本の普通預金の金利を考えると魅力的。銀行預金をすべて「余額宝」へ移し替える人が続出という話も頷けます。
 ネットで使うだけだったこれらのインターネット決済サービスですが、実際の店舗でも支払いができるようになりました。スマートフォンのアプリで支払い画面を表示させ、画面のバーコードを店舗のスキャナで読み取れば支払い終了。キャッシュレスで支払いができます。キャリア主導で進んだ日本のおサイフケータイでは対応端末が必要で、高いシェアのiPhoneはそもそもおサイフケータイに非対応。携帯電話契約と端末が基本的に分離されている中国ではこうするしかなかったのかもしれませんが、ネットワーク接続とアプリがあればAndroidでもiOSでも関係なく支払いができるため、一気に浸透しました。
その「支付宝」と「微信支付」の支払いが日本の店舗でも使えるようになりました。中国人の爆買いを支える「銀聯カード」だけではなく、これからは「支付宝」と「微信支付」の対応が中国人旅行者を惹きつけるポイントになるかもしれません。
バーガーキングでの支払いの様子。画面をスキャナで読み込むとチャージ金額から即時決済されます。競争が激しいためか割引されることも。今回は10%引きでした。
バーガーキングでの支払いの様子。画面をスキャナで読み込むとチャージ金額から即時決済されます。競争が激しいためか割引されることも。今回は10%引きでした。
 なんとなく熱くなって今回はいつもの倍くらい書いてしまいました。長いよ!と言われるのも嫌なので、今回はここまで。また次回。
 

1 Consumer to Consumer。消費者間取引。日本ではヤフーオークションなどが有名。
2 Business to Consumer。企業対消費者間取引。企業が個人向けに行う事業のこと。
3 インターネット上の仮想商店街。モール運営者は場を提供するだけで直接販売はせず、
  仮想商店街に入居した店舗からの手数料で運営する。日本では楽天市場などが有名。
4 ショッピングサイト運営者が直接商品を販売すること。アマゾンなどが有名。
5 2013年に鳴り物入りで発足した特区。香港を目指し、金融や貿易などの規制を緩和して
  経済活性化するのが目的とか。いまいち盛り上がってる感がない(と、個人的に思っている)。
(2016/01)
 
中国工場・佐古日記 5
 皆さんこんにちは。常州も暑さも和らぎ過ごしやすい日が続いています。ものづくり商談会では、数名のお客様からこのコラムを「読んでるよ!」とのお言葉を頂き、こっ恥ずかしいやらなんやらでしたが、中国工場佐古日記その5、今回は物価の話。

 イメージとしては日本より物価が安いと思われがちな中国ですが、円安の進行により円に換算するとそうとも言えなくなっています。物価の推移は経済学者様にお願いするとして、今回は日本と中国の価格について書いていこうと思います。(以下1元=20円として計算、2015年9月に常州で調査)
 一番身近な食品は肉類だけでなく、野菜や果物もほぼ量り売りなので正確な対比が難しいところですが、日本よりは安く、キャベツ1玉60円〜100円、豚バラ肉80円/100g。豚肉にはよく皮とか骨が付いているので実質はもうちょっと高いかも。物価の優等生、鶏卵はM玉10個で100円くらい。結構乱高下してるらしく、どうも優等生じゃない様子。日本人向けの生食可の玉子は10個で500円と高級品です。 スーパーの野菜・果物売り場。 手前はキャベツ。500gで1.28元(25円位)。
スーパーの野菜・果物売り場。 手前はキャベツ。500gで1.28元(25円位)。
 普段は一人暮らしなので外食もよくします。ローカルの店に行くと炒飯や拉麺などは100〜150円程度でお腹いっぱいに。たまに日本食が恋しくなり日本料理屋に行くと生ビールが360円、冷奴が100円、秋刀魚の塩焼き500円。ちょっと飲むだけで3,000円くらいします。ランチでも生姜焼き定食で900円。ワンコインランチなど夢の様な話。ビッグマック指数でも有名なビッグマックは380円、ケンタッキーのオリジナルチキンは200円、スタバのキャラメルフラペチーノはトールで600円。この価格でもお客さんはいっぱいで、店も増えてるのを見ると中国のエネルギーを感じます。 スタバ。写真を撮るだけじゃ悪いのでキャラメルフラペチーノを注文するも気温20℃で飲むものじゃないと実感。
スタバ。写真を撮るだけじゃ悪いのでキャラメルフラペチーノを注文するも気温20℃で飲むものじゃないと実感。
 中国のほうが安いのが光熱費。電気は契約の種類はいろいろとあるようですが、今の家では昼間で11円/kWh、夜間で7円/kWh。給湯器は電気温水器で、エアコンもそこそこ使って、年間15,000円程度。ガスは都市ガスで、50円/m3。電気温水器のためガスは料理にしか使いませんが、年間2,000円程度で済んでいます。水道代も安く、基本料込み75円/m3。飲めませんが。週2回ほど洗濯して、浴槽がないのでシャワーだけで年間で5,000円くらい。飲めませんが。
 日本とそう変わらないのがガソリン代。産油国とはいえ消費量の半分以上を輸入に頼っているためか、レギュラーが120円/Lとこれを書いている9月半ばの日本の価格とほぼ変わらず。車本体も日本と同じ若しくはそれ以上するのに車は増えているとは…
 携帯電話料金も日本より安く、プランはいろいろ有りますが200分の通話料、1GBのLTEデータ通信込みで1,800円ほど。通話のみだと基本料400円で、通話料は4円/分くらい。通話料と携帯電話本体の価格は基本的に分離されているので携帯電話本体は高め。数千円のスマホも有りますが、近頃発表された某6sの16GBモデルは10万円を超えます。総務省が必死になって価格を下げようとしていますし、MVNOの台頭もあり、今後も価格は下がると思われますが中国と同じレベルまで下がるのは流石に無理でしょうか。
常州にもアップルストアが。なんか変ですが。
常州にもアップルストアが。なんか変ですが。
 中国での生活はこんなに苦しいんだぞ、という暗に会社へのメッセージと取られても困るので今回はこの辺で。そんなつもりは全く無いです、と念のため主張しつつまた次回。
(2015/10)
 
中国工場・佐古日記 5
 皆さんこんにちは。常州も暑さも和らぎ過ごしやすい日が続いています。ものづくり商談会では、数名のお客様からこのコラムを「読んでるよ!」とのお言葉を頂き、こっ恥ずかしいやらなんやらでしたが、中国工場佐古日記その5、今回は物価の話。

 イメージとしては日本より物価が安いと思われがちな中国ですが、円安の進行により円に換算するとそうとも言えなくなっています。物価の推移は経済学者様にお願いするとして、今回は日本と中国の価格について書いていこうと思います。(以下1元=20円として計算、2015年9月に常州で調査)
 一番身近な食品は肉類だけでなく、野菜や果物もほぼ量り売りなので正確な対比が難しいところですが、日本よりは安く、キャベツ1玉60円〜100円、豚バラ肉80円/100g。豚肉にはよく皮とか骨が付いているので実質はもうちょっと高いかも。物価の優等生、鶏卵はM玉10個で100円くらい。結構乱高下してるらしく、どうも優等生じゃない様子。日本人向けの生食可の玉子は10個で500円と高級品です。 スーパーの野菜・果物売り場。 手前はキャベツ。500gで1.28元(25円位)。
スーパーの野菜・果物売り場。 手前はキャベツ。500gで1.28元(25円位)。
 普段は一人暮らしなので外食もよくします。ローカルの店に行くと炒飯や拉麺などは100〜150円程度でお腹いっぱいに。たまに日本食が恋しくなり日本料理屋に行くと生ビールが360円、冷奴が100円、秋刀魚の塩焼き500円。ちょっと飲むだけで3,000円くらいします。ランチでも生姜焼き定食で900円。ワンコインランチなど夢の様な話。ビッグマック指数でも有名なビッグマックは380円、ケンタッキーのオリジナルチキンは200円、スタバのキャラメルフラペチーノはトールで600円。この価格でもお客さんはいっぱいで、店も増えてるのを見ると中国のエネルギーを感じます。 スタバ。写真を撮るだけじゃ悪いのでキャラメルフラペチーノを注文するも気温20℃で飲むものじゃないと実感。
スタバ。写真を撮るだけじゃ悪いのでキャラメルフラペチーノを注文するも気温20℃で飲むものじゃないと実感。
 中国のほうが安いのが光熱費。電気は契約の種類はいろいろとあるようですが、今の家では昼間で11円/kWh、夜間で7円/kWh。給湯器は電気温水器で、エアコンもそこそこ使って、年間15,000円程度。ガスは都市ガスで、50円/m3。電気温水器のためガスは料理にしか使いませんが、年間2,000円程度で済んでいます。水道代も安く、基本料込み75円/m3。飲めませんが。週2回ほど洗濯して、浴槽がないのでシャワーだけで年間で5,000円くらい。飲めませんが。
 日本とそう変わらないのがガソリン代。産油国とはいえ消費量の半分以上を輸入に頼っているためか、レギュラーが120円/Lとこれを書いている9月半ばの日本の価格とほぼ変わらず。車本体も日本と同じ若しくはそれ以上するのに車は増えているとは…
 携帯電話料金も日本より安く、プランはいろいろ有りますが200分の通話料、1GBのLTEデータ通信込みで1,800円ほど。通話のみだと基本料400円で、通話料は4円/分くらい。通話料と携帯電話本体の価格は基本的に分離されているので携帯電話本体は高め。数千円のスマホも有りますが、近頃発表された某6sの16GBモデルは10万円を超えます。総務省が必死になって価格を下げようとしていますし、MVNOの台頭もあり、今後も価格は下がると思われますが中国と同じレベルまで下がるのは流石に無理でしょうか。
常州にもアップルストアが。なんか変ですが。
常州にもアップルストアが。なんか変ですが。
 中国での生活はこんなに苦しいんだぞ、という暗に会社へのメッセージと取られても困るので今回はこの辺で。そんなつもりは全く無いです、と念のため主張しつつまた次回。
(2015/10)
 
第18回FBC上海2015ものづくり商談会に出展しました。
 2015年9月9日、10日の2日間にわたって上海世貿商城にて行われた第18回FBC上海2015ものづくり商談会に弊社の中国関連会社【常州永正机械有限公司】が出展しました。
 
 今回より正式名称から「日中」の文字が消え、アジア全体でのものづくりを意識した商談会となりました。

 景気減速やチャイナショックとの言葉が聞こえる中での開催となり、出展企業493社、来場人数7300人と昨年実績を下回ったとはいえ、各ブースでは熱心に商談が行われており、まだまだ熱い中国を実感させられました。
 東南アジアやリスク管理をテーマとしたセミナーも行われ、参加者は熱心に耳を傾けていました。

 
 商談会後、早速お客様からのお問い合わせもあり、経営理念にもあるように「お客さまにとっての一番」となれるように頑張ってまいります。
 
(2015/10)
 
中国工場・佐古日記 4
 皆さんこんにちは。常州も梅雨に入ったのか、ムシムシと暑い日が続きます。中国工場佐古日記その4、今回は公共交通の話。
 常州で移動するには、徒歩、電動自転車、自家用車、タクシー、白タクなどなど有りますが、市内交通の大きなウェイトを占めるのがバス。200以上の路線があり、約2,500台を保有(ちなみに日本で保有台数トップの西鉄はグループ全体で約2,800台)。全ての車両にエアコン搭載で、マイクロバスレベルから12m級の大型車まで色々な車両を見ることができます。今年になって投入されたのはLNGと電気のハイブリッドバス。発進時はモータのみで、しばらくするとエンジンが始動。減速時には回生してキャパシタに充電、20%もコスト削減になるらしく、今後も導入を進めるようです。 観光用の2階建てバス(上)と、ハイブリッドバス(下)。ハイブリッドバスには新能源(新エネルギー)の文字が見えます。
観光用の2階建てバス(上)と、ハイブリッドバス(下)。ハイブリッドバスには新能源(新エネルギー)の文字が見えます。
 路線バスの他にはBRT(Bus Rapid Transit)というバスを使った輸送システムがあります。
BRT停留所と連節バス。道路中央に設置されています。なお、一般の車が専用レーンに入るとキップを切られます。
BRT停留所と連節バス。道路中央に設置されています。なお、一般の車が専用レーンに入るとキップを切られます。
あまり聞き慣れないシステムですが日本でもいくつか導入されており、東日本大震災で被災したJR東日本の気仙沼線や大船渡線もBRTで仮復旧しています。BRTの特徴として、専用の道路を使い、停留所を設けて大量、高速にヒトを運ぶというもの。常州では道路の中央に専用車線を設置し、現在南北に1号線、東西に2号線が走っています。車内で料金収受は行わず、停留所の改札で料金を支払うことで乗り降りにかかる時間を短縮し高速化を図っています。1元(≒20円。交通カードなら0.6元)でどこまででも乗ることができます。
 そんなバス一辺倒だった常州にもようやく地下鉄が。現在、江蘇省で5番目の地下鉄を建設中。今年4月から1号線の建設を開始、2019年末開通予定です。その後、2030年までに順次6号線まで建設するとか。1号線は現在のBRT1号線と平行するように北は常州北駅から南は永正機械のある南夏墅までの34km。途中、日本料理店が多い漢江路や常州駅を通ります。
福岡市地下鉄の全路線30kmを一気に超える距離を5年弱で建設しちゃうのが中国らしい。2013年末に着工した七隈線博多駅延伸区間(1.6km)が完成するのが2020年度。中国の建設スピードが早いのか、日本が遅いだけなのか。

まだまだ書くこといっぱいあるんですがスペースの都合でここまで。また次回。
会社近くの駅建設現場。この周辺は工場地帯なので地下にする必要がないらしく、高架になっています。地下区間の駅は開削、駅間はシールドで掘ってる様子。
会社近くの駅建設現場。この周辺は工場地帯なので地下にする必要がないらしく、高架になっています。地下区間の駅は開削、駅間はシールドで掘ってる様子。
常州地下鉄のロゴ。Changzhou MetroのCMでトンネルを走る電車を、また2500年前の水堀の遺跡、淹城も模しているらしい。
常州地下鉄のロゴ。Changzhou MetroのCMでトンネルを走る電車を、また2500年前の水堀の遺跡、淹城も模しているらしい。
中国工場・佐古日記 3
 皆さんあけましておめでとうございます(中国的に)。春節も開けてようやく通常営業になった中国です。中国工場佐古日記そのB。今回は国際結婚の話。
 どうも日本ではウィスキー技術者のドラマが流行ってるとかで「国際結婚について書いて!」とリクエストを受けたんですが、そもそもそのドラマは見たこと無いし(あまちゃんは見てた)、日本で結婚したこともないのでそう言われても…と悩んでたんですが、結婚当時のことを考えてたらいろいろあったのを思い出したので書いていこうと思います。 あまりにあまちゃんが好きすぎて博多から岩手県久慈市まで新幹線乗り継いでロケ地めぐり。
あまりにあまちゃんが好きすぎて
博多から岩手県久慈市まで新幹線乗り継いでロケ地めぐり。

 国際結婚をするには、まず外国人と仲良くなります。その後、あの手この手で結婚まで持ち込みます。言葉とか文化の差異はある程度受け入れて、相手にも受け入れてもらいます。ここまでは大なり小なり日本人同士でも同じかと。その後、いよいよ結婚の手続きとなるんですが、婚姻届を出すだけじゃダメでいろいろな手順を踏まないといけません。これが超めんどくさい。
結婚証。中国で結婚すると夫、妻双方に発行されます。
結婚証。中国で結婚すると
夫、妻双方に発行されます。


1.戸籍謄本を日本から取り寄せる。
 
1.戸籍を持って在上海日本国総領事館に二人で行って日本人側の独身証明を取得。申請書とは別に質問書というのがあり、二人が初めて出会った日時、場所、結婚までの経緯、言葉はどれくらい通じるのか、双方の家族は結婚について知っているのか、日本から強制退去されたことがあるか、などなどを書くというもの。その中の結婚までの経緯ってのが曲者で「上海市内のレストランで初めて出会って、それから連絡を取り合ううちに恋に落ちて…」みたいな作文を書かされました。今思い出しても恥ずかしい。あの紙は今でも領事館に保管されてるんでしょうか。日本の法務省でしょうか。できればシュレッダー希望。
1.上海の結婚登録センターに二人で行って、結婚登録。日本語で書いてある宣誓書を読まされたんですが、誰が訳したのか珍妙な日本語で吹き出しそうになりながら宣誓しました。法律的にはここで夫婦に。中国の結婚証明が発行されます。
 
1.結婚証明を持って上海の公証役場で結婚の公証書、配偶者の国籍公証書とそれぞれの和訳を取得。ここは待ち時間が長いだけで特に面白いことなし。数日後に発行されます。
 
1.公証書と和訳をもってまたも在上海日本国総領事館へ。ここに来て初めて日本の婚姻届に記入。中国の法律上、既に婚姻が成立しているので婚姻届は日本の戸籍に結婚したことを記載するための届け出。証人は必要ありませんでした。
 これで手続きは終了。2008年の上海での手続きなので変わってるかもしれませんが、大筋は今も同じかと。全部終わるのに1ヶ月位かかりました。偽装結婚とかあるので仕方ないとは思うんですが、結婚するというより手続きしてるってイメージ。嫁が上海戸籍だったから上海市内で全部終わりましたが、これが地方出身者だったりすると地元まで戻って手続きらしい。これでもまだマシな方なのです。
 結婚したら国籍も中国に?と良く質問されるんですが(じゃあ嫁は日本の国籍になるんかい、と心のなかで突っ込む)、国籍はそのまま。日本の戸籍には結婚した事実だけ書かれて、嫁の戸籍はありません。 戸籍全部事項証明書。海外で国際結婚するとこんなかんじで書かれます。
戸籍全部事項証明書。
海外で国際結婚するとこんなかんじで書かれます。

中国はもともと夫婦別姓で、日本人でも国際結婚の場合は基本的には別姓です。基本的に、ってのは結婚してから半年以内なら日本の役所に届を出せば配偶者の氏に変更できるらしいんですが、その制度自体知らなかったのでそのままです。知ってても変えませんが。クルム伊達公子的な複合姓にもできるらしいんですが、家庭裁判所に申し立てをして審査があるとか。結婚の届け出以上にめんどくさそう。

 制度や手続き的な話でいっぱいになったので今回はこの辺で。結婚生活とか文化、風習なんか書こうと思ってたんですがそれは次回以降に。
(2015/04)
 
中国工場・佐古日記 1
 皆さんあけましておめでとうございます。中国工場佐古日記そのA。今回は中国の年末年始の話。
 日本で年末の一大イベントといえばクリスマス。日本ではもう完全に定着したこのイベントですが、中国ではここ最近の話。中国に来た当初は日本とは違い、なんとも独り身が心地よいクリスマスだった記憶があるんですが、最近はそうは行きません。日本のACG(アニメ、コミック、ゲーム)の影響からか、プレゼントを送り合ったり、レストランでディナーを楽しんだり、恋人同士どこかへ消えていったり。でもこれは若い人の話。80年代生まれのいわゆる「80後」と呼ばれる世代以降が主役で「70後」以前の人たちはあんまり興味がないみたいです。
 クリスマスを中国語では「聖誕節」、クリスマス・イブは「平安夜」と呼んでいます。日本語よりも意味がわかりやすい気も。
上海市内のクリスマスツリー。至る所に飾られています。これはかなりシンプルな方。
上海市内のクリスマスツリー。至る所に飾られています。これはかなりシンプルな方。
中国のサンタさんはなぜか劇画タッチ。
中国のサンタさんはなぜか劇画タッチ。
最近?のトレンドは平安果と呼ばれるりんごをプレゼントするのがブーム。苹果(ping guo)と平安(ping an)をかけて平安果みたいなんですが、これはリンゴにラッピングして数倍の値段で売るボロい商売。あまりに売れるもんだからクリスマス・イブの街中は露天商があふれるような状況です。社会主義もなんのその、儲かるならとことんやるのが中国人。前述のレストラン、ホテルも特別ディナーコースしかなかったり、特別料金だったり。日本も中国も家でおとなしくしておくのが一番ですね。
 で、クリスマスが終わるとやってくるのが大晦日からの元旦。中国で年末年始というとどうしても旧暦の正月、春節がメインで新暦の正月はただ単に西暦が変わる日、という認識のよう。一応1月1日は元旦ということで休みになってますが、会社によっては2日から仕事のところも。嫁に聞いてみると「ただの休み」という返事が帰ってきました(なお、クリスマスは「男に金を使わせる日」だとか)。最近は0時に合わせて花火が上がったりしますが、春節のそれとは桁が違います。本当に何もなくて書くこともないんで今回はここまで。また次回。 本当になにもないので2006年1月1日に行った万里の長城の写真を。大雪で定期観光バスが出なくて、白タク的な観光バスに乗ったらボラれるというおまけ付き。
本当になにもないので2006年1月1日に行った万里の長城の写真を。大雪で定期観光バスが出なくて、白タク的な観光バスに乗ったらボラれるというおまけ付き。
(2015/01)
 
中国・常州工場の移転が完了しました。
 何度かこのページでもお知らせしておりましたが、弊社の中国関連会社【常州永正机械有限公司】がこの度、新工場へ完全移転いたしました。

 最後まで旧工場に残っていた横型マシニング11台の移動は難航が予想されましたが各社のご協力によりスムーズに完了いたしました。
 
 事務所は書類や机、棚など工場設備とは違う意味での重量物もあり、女性が多い事務所スタッフと現場スタッフが協力しながら移転しました。
 
 永正機械の全ての部門が1つ屋根の下に集結し、皆様のご期待に添えるようこれまで以上に効率良くものづくりを進めてまいります。
 
(2015/01)
 
中国工場・佐古日記 1
 この度中国工場【常州永正机械有限公司】のコラムを任されました佐古です。今年7月にヤスナガに入社した新入社員です!とは言え、なんだかんだで中国滞在ももう10年目。とりあえず簡単に自己紹介から。
 1982年に福岡市で生まれて今年で32歳。小中高と福岡で過ごして、岡山の大学に進学。2005年から上海に住み始め、2008年に常州永正机械ができて常州に引っ越し、それからずっと常州在住です。同じく2008年には上海人と国際結婚。家内は上海に住んでて私は常州へ単身赴任中。その後紆余曲折あってヤスナガに入社しました。
上海の家庭料理。旧暦の大晦日に一家揃って食べる年夜飯と呼ばれるもの。味は…手前のプレモルは持参。
上海の家庭料理。旧暦の大晦日に一家揃って食べる年夜飯と呼ばれるもの。味は…手前のプレモルは持参。
四川料理の代表、辣子鶏。見た目のインパクトはすごいけど、そんなに辛くない。
四川料理の代表、辣子鶏。見た目のインパクトはすごいけど、そんなに辛くない。
 最初の今回は中国での食事の話。世界3大料理の一つと言われる中華料理。中華料理と言えばよく四川料理に代表される唐辛子辛い料理を想像されますが、広い中国、地域によって味付けも素材も全く違います。住んでいる常州や上海などは江蘇料理と呼ばれ、肥沃な土地の農産物に、長江や東シナ海で獲れる魚介類などを使った味の濃い甘い味付けが特徴です。
 9年も中国に住んでいるので食事にもとっくに慣れ、安くて美味しいので食べ過ぎてぶくぶく太っていった私でも、その甘い味付けがどうも曲者で外食する際は地元料理は選ばずに四川料理や湖南料理など辛い料理を食べることがほとんど。辛さで味覚が麻痺して美味く感じてるだけのような気もします。
上海の庶民的な小籠包屋。6個で150円位。注文を受けてから包んで蒸してくれます。
上海の庶民的な小籠包屋。6個で150円位。注文を受けてから包んで蒸してくれます。
 上海料理で有名なものに「小籠包」があります。上海の小籠包は薄い皮にアツアツのスープが入った日本人に嫌いな人はいないとも言われる料理。駐在員が日本人をアテンドする際は「とりあえず小籠包」。老若男女、誰を連れて行っても間違いがない鉄板です。一時期、高級小籠包として有名な鼎泰豐に行きすぎて飽きた、というなんとも贅沢な経験もしました。常州近郊の無錫も小籠包で有名。江蘇料理の例に漏れずベタベタに甘いスープで、こちらは日本人には大不評。上海の小籠包は甘くないのはなんで?
 素材に目を向けると、「四足なら机と椅子以外、空を飛ぶものなら飛行機以外」食べる中国では日本では馴染みのない素材もたくさんあります。スーパーの肉売り場では鳩やウサギ、魚介類売り場では生きた亀やスッポン、カエルなんかが売られています。アグネス・チャンが公園の鳩を見ておいしそうだと言ったという噂もありますがあながち嘘じゃないのかも。まあハト食べるくらいなら鶏食べたほうが美味しさ的に幸せだと思いますが。でも、食料とペットの線引ってどうなってんでしょう?ペットショップにも、亀とかうさぎ売ってるんですけど。
 というわけでまた次回。
カエルの料理。店によっては皮がついたままのところもあるが、これはない分心理的に食べやすい。味は柔らかめの鶏肉。
カエルの料理。店によっては皮がついたままのところもあるが、これはない分心理的に食べやすい。味は柔らかめの鶏肉。
(2014/10)
 
中国・常州工場の移転状況
 中国に拠する弊社の関連会社【常州永正機械有限公司】の移転も、事務所棟の内装がほぼ終わり、会社機能の移転もいよいよ中盤を迎えました。
 
 これまでは旧工場にある事務所と新工場の行き来がある為、どうしても効率が悪い点がございましたが、事務所移転後は検査部門も含め新工場へ一括される為、社員一同張り切っております。
 
 工場内は残りの半分も整地が終わり、いよいよ完全移転が目に見える形として進んでまいりました。

 中国は10月に国慶節という大型連休を迎える為、一旦中休みとなります。
 新しい工場に恥じぬ様、これからも良い製品づくりを追求し続けます。
 
(2014/10)
 
第17回 日中ものづくり商談会@上海2014に常州永正機械が出展いたしました。
 平成26年9月3日、4日の2日間にわたり、上海世貿商城にて『日中ものづくり商談会』が開催されました。弊社の関連会社である【常州永正機械有限公司】が今年も出展し、当日は弊社からも応援スタッフとして参加いたしました。

今年で五回目の出展となり、出展企業様の中にもだいぶ顔見知りが増えてきたことを実感いたしました。
 
 また、今年は九州シートメタル工業会も出展し、工業会員の弊社も出展いたしました。
 初出展ではありますが、高い技術が集結した展示品には、行き交う多くの人達も暫し足を止めてお立ち寄りいただきました。
 今回は出展企業が550社と昨年よりも若干減少しており、3階と4階にフロアを分けて来場者数の増加対策もあった為か、これまでに比べ来場者の流れがスムーズだったようです。

 近年は人件費の高騰やチャイナリスク、国交の影響などを危惧されている中国ですが、商談件数16000件という今回の商談会実績を見ると、まだまだ中国熱は高いように思えます。

 弊社も今回の商談会で新規のお客様からのご連絡で忙しくなってきております。
 皆様の喜んでいただけるものづくりを、これからも励んでまいります。
(2014/10)
 
中国・常州工場の移転
   中国に拠する弊社の関連会社【常州永正机械有限公司】がこの度、旧工場の近隣に在する新工場への移転を開始いたしました。

 お客様のニーズにお答えするべく設備も増強し、レンタル工場ではありますが、これまでよりも広い敷地面積で、よりいいものをより多く製作できるようになりました。

 これまでは工場が手狭でお応えできなかったお客様に向け、まずは板金加工部門・旋盤加工部門のみの段階的な移転となりますが、それぞれの工場で機械を稼働開始し、これからの繁忙期に備え準備万端です。
新規購入したレーザー(3015NT 4kw)旋盤も小型機を3台増設

 現在事務所棟を内装工事中の為、各担当者は工場間を行き来しての業務となっていますが、新工場は現工場の真向かいに位置している為、スムーズに連携を取りながら業務活動中です。

 これからも、皆様に愛される会社をモットーに日々成長を続けてまいります。
(2014/07)
中国・常州工場の新規設備導入
 11月より、三次元測定機が稼働いたしました。

 三次元測定機の導入により、これまで社内で対応できなかった複雑な製品や高い精度が要求される機械加工品なども、今後は社内で一括検査対応が可能となりました。
 社外で依頼していた以前に比べ日程も短縮できるようになった為、お客様にもご好評いただいております。

(2013/12)
第16回 日中ものづくり商談会@上海2013に常州永正機械が出展いたしました。
 平成25年9月11日、12日の2日間にわたり、上海世貿商城にて『日中ものづくり商談会』が開催され、弊社の関連会社である【常州永正機械有限公司】も出展企業として参加いたしました。
 平成22年の初参加より、今年で4回目の出展となります。
 今年は開催規模も過去最大という事もあり、出展企業は603社・来場社数は5100社の大盛況で、常州永正機械も例外なく成功裏に幕を閉じました。
 昨年はちょうどこの時期から日中国交が悪化し、会場周辺も厳戒警備が敷かれるなど、緊迫した中での商談会でした。その後は中国に拠点を置く各社様で、業務上多大なる影響があったことは言うまでもありません。
 今年に関しても少なからず影響があるのでは?と思っていましたが、会場の熱気を感じた瞬間から無駄な心配だったと胸をなでおろしました。

商談風景

弊社出展ブース
 毎年商談会後は、商談を行った各企業様や、弊社にご興味を持っていただいた皆様からの問い合わせや工場見学等で忙しくなります。

今後も多くのお客様のお力になれるよう、精一杯精進してまいります。  (2013/10)
中国・常州市の紹介

 

 弊社の関連会社である【常州永正機械有限公司】は、社名にもある通り常州市にございます。 常州市といってもどこにあるのか?どんなところなのか?と疑問をお持ちの皆様の為に、ここでは中国・常州市についてご紹介させていただきます。
 常州市は華東地域の中心にあり、長江デルタ地帯の中心でもあります。交通網の発展により、上海からは新幹線で最速40分、自動車でも2時間程度の距離に位置します。
 中国でもGDP成長率が最も高い発展地域で、人口も460万人を超えた今もなお年々増加の傾向にあります。

 外資企業の誘致にも積極的で、日本を含む世界約30か国から投資が行われ、日本の住友電工、ブリヂストン、アメリカのGE、AGCO、ドイツのMAN Turbo AG、Bosch Rexrothなど、世界の上位500社に入る企業も続々進出しています。

 経済の発展もさることながら、歴史的にも数多くの名所や旧跡が存在し、二千五百年の歴史を誇る風光明媚な街です。
 近年では都市開発や整備も目覚ましく、新幹線をはじめ湾港、空港、地下鉄(着工中)の交通機関の他、学園都市としても充実しています。

 今年に入り、鳥インフルエンザの感染症や大気汚染(PM2.5)、反日デモなどが日本でも広く報道されましたが、現地常州では事態の鎮静化や対応が早く、他の市に比べ住環境の良さを特に感じました。

 中国というと、上海や北京などの大都市を一番に連想する方が殆どだと思いますが、常州も負けず劣らず素晴らしいところです。
 中国にお越しの際は、ぜひ常州市にもお立ち寄りください。        (2013/10)

 




最新情報 中国・常州工場の新規設備導入
   4月より、新規設備2台を導入いたしました。
オークマ MA-60HB
オークマ MA-60HB
オークマ MA-600HB
オークマ MA-600HB
   調整も無事終了し、現在量産品の加工を開始しています。      (2013/06)
中国・常州市新工場開業
 弊社が出資し、中国江蘇省常州市にある関連会社「常州永正機械有限公司」は、  昨年秋に機械加工部門立ち上げと板金部門の充実の為、新しく日本の3社より出資を受け、500万ドル資本金となりました。
 今回14台のマシニング等の加工機械とタレパン、シャーリングを加え今までの工場の隣に完成したミニ団地に日系の2社(上海佐商、東進農機)とともに移転する運びとなりました。
 現在、岡熱機械さんを含めた4社合同で3月18日に開催する開業式に向けて引っ越しが急ピッチで進行中です。
                        (2011/02)

最新情報 中国・常州市新工場紹介
   12月20日完成予定で現在建設中の、中国江蘇省常州市の新工場です。
   敷地面積は、45m × 45m です。
                                           (2010/10)
Copyright (C) 2009-2015 (株)ヤスナガ All rights reserved.